記事一覧

スポーツ施設の管理運営について

9日に行われるオリックス―ロッテ戦(大阪京セラドーム)の試合前練習の最中に、オリックスの中島宏之内野手(34)の腰付近に鉄パイプが当たり、一時騒然となったようです。鉄パイプは約2メートルで重さは約6キロほど。結構な重さです。スポンサーの看板を設置中の、球団が委託した業者の作業員が5階席で作業していたところ、誤って落としたというんですが・・・・。中島は外野の中堅付近でトレーナーとストレッチを行っている最中でした。

その後自力で立ち上がって病院に行ったそうですが、命には別条はなさそうです。しかし、一歩間違えたら大けがになるどころか、命の危険性もありました。

なぜ、グラウンドを使用しているのに、作業員を入れたのでしょうか。事故の可能性も考えれば業者を入れてはいけませんよね

にほんブログ村 その他スポーツブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント